トウネン(当年、Calidris ruficollis)は、チドリ目シギ科の鳥です。
 夏にシベリア等で繁殖し、冬は東南アジア付近で越冬し、その途中、春と秋に日本に「旅鳥」として渡来するとの事です。名前の由来は、鳥の体が小さいところから、今年生まれの鳥、当年(トウネン)となったようです。

<三重県津市 香良洲海岸> 2016年9月16日

トウネン

トウネン

<三重県津市 香良洲海岸> 2016年9月7日

トウネン

トウネン

<三重県津市 香良洲海岸> 2016年8月12日

                                            右のキアシシギと比べると大きさがよく分かります。

トウネン

トウネン

トウネン

トウネン

トウネン

<三重県松坂市 五主海岸> 2015年9月23日

トウネンは小さな鳥で、スズメと同じくらいの大きさです。<メダイチドリとの比較>

トウネン

トウネン

トウネン

トウネン

トウネン

トウネン

<三重県松坂市 五主海岸> 2015年9月2日

干潮に近い時間帯に広い干潟でトウネンが採食していました。

トウネン

トウネン

トウネン

羽を広げているのがトウネン。手前はメダイチドリ。

トウネン