セイタカシギ(背高鷸、Himantopus himantopus)は、チドリ目セイタカシギ科の鳥です。
 脚が長くて背が高いので、この名前が付いた。旅鳥または留鳥。

<三重県松坂市 曽原新田の池> 2015年9月23日

海に面したこの池に、たくさんの水鳥がいました。

セイタカシギ

池の中を歩くセイタカシギ。いろんなポーズをお楽しみ下さい。左の写真の手前は → ヘラサギ

セイタカシギ

セイタカシギ

ピンクの足、実際には見えている部分の倍ぐらいあります。

セイタカシギ

セイタカシギ

こんなスマートでかわいい鳥、初めて見ました。

セイタカシギ

セイタカシギ

セイタカシギ

セイタカシギ

セイタカシギ

セイタカシギ

右の背中が黒っぽいのがオス、左の茶色っぽいのがメスです。

セイタカシギ

セイタカシギ

セイタカシギ

セイタカシギ

セイタカシギ

セイタカシギ

セイタカシギ

セイタカシギ

セイタカシギ

セイタカシギ