ツクシガモ(筑紫鴨、Tadorna tadorna )は、カモ目カモ科の鳥です。
 日本には冬鳥として、有明海を中心とした九州北部で渡来数が多く、ここから「筑紫鴨」という名がついた。九州以外の西日本には時々飛来するだけだったが、有明海の諫早湾の干潟が干拓されてから、瀬戸内海や大阪湾をはじめ、各地で観察されるようになった。

<三重県松坂市 五主海岸> 2017年1月26日

オナガガモの群れの中にツクシガモがいました。

ツクシガモ

ツクシガモ

<奈良県葛城市 三角池> 2016年2月22日

葛城市の池にめずらしくツクシガモが来ました。

ツクシガモ

ツクシガモ

ツクシガモ

羽の下に緑の部分があります。

ツクシガモ

ツクシガモ

ツクシガモ

ツクシガモ

ツクシガモ

ツクシガモ

ツクシガモ

ツクシガモ