ツバメ(燕、Hirundo rustica)はスズメ目、ツバメ科の鳥です。
 台湾、フィリピンなどで越冬し、春から夏に渡って来る夏鳥。飛でいる昆虫などを空中で捕食し、水面上を飛行しながら水を飲む。巣は、泥と枯草を唾液で固めて家の軒下などに造る。ツバメは子育ての時は巣で過ごしますが、巣立った後の塒(ぬぐら)はヨシ原のヨシの葉の上。重さは10円玉4個ぐらいの約20gで、葉につかまって寝る。

 ◎鳴き声:さえずり

<奈良県高市郡 明日香村> 2016年4月16日

ツバメが巣づくりの材料を銜えて飛び立つ瞬間を写しました。シャッター速度は1/1000秒ですが、もっと高速シャッターが必要でした。

ツバメ

ツバメ

<京都府京都市 向島観月橋下流(宇治川)左岸のヨシ原> 2015年8月5日

「ツバメのねぐら入り」を観察しました。日没。

ツバメ

上空を飛ぶ無数のツバメ。

ツバメ

ヨシ原にツバメがどんどん入って行きます。

ツバメ

ツバメ

ヨシに止まるツバメ。

ツバメ

上記の写真を拡大。ヨシの葉をしっかりつかんでいるのが分かります。

ツバメ

<岡山県岡山市 瀬戸パーキングエリア(下り)> 2015年7月21日

山陽自動車道の瀬戸パーキングエリアで休憩しましたら、ツバメの巣が2つあり、雛が親を待っていました。

ツバメ

ツバメ

親が餌を運んで来ると雛は必至で大きな口を開けました。

ツバメ

ツバメ

ツバメ

ツバメ

口を閉じている一番右の雛が餌をもらったようです。

ツバメ

<奈良県香芝市 旭ヶ丘> 2015年7月13日

♪ さえずり(20150713 08:26 旭ヶ丘にて録音)

<奈良県御所市 高天> 2015年5月6日

巣の材料を田んぼで集めていました。

ツバメ

ツバメ

<広島県世羅郡世羅町> 2015年4月29日

ツバメ

ツバメ

ツバメ

<奈良県高市郡 明日香村> 2015年4月19日

ツバメ

ツバメ

ツバメ

巣の材料を田んぼで集めていました。

ツバメ

ツバメ

ツバメ

ツバメ

ツバメ

<京都府京都市 向島観月橋下流(宇治川)左岸のヨシ原> 2014年8月6日

 自然環境市民大学の講座が京都の向島観月橋近くの宇治川の堤防でありました。テーマは「ヨシ原とツバメのねぐら入り」で、事前に講義を聞いて、ねぐら入りの観察をしました。日が暮れるとしだいにツバメが集まり始め、上空を旋回して一斉にねぐら(ヨシの葉の上)に入って行きました。ツバメはオギには止まれないとの事で、ヨシ原の保全が大切になってきます。

向島観月橋下流(宇治川)左岸のヨシ原

観月橋

日没と同時に、ツバメが上空に集まって来ました。

ツバメ

数万羽のツバメがねぐらに入ります。

ツバメ

ツバメ

暗くて見えませんが、ここがツバメがねぐらです。

ツバメ

<大阪府東大阪市 西堤学園町> 2014年7月13日

東大阪のマンションの軒下にツバメの巣を見つけました。

ツバメ

ツバメ

一番左が餌をゲット、2番目はめいっぱい口を開けましたが残念、一番右はあきらめ気味!

ツバメ

ツバメ

ツバメ

<奈良県香芝市 旭ヶ丘> 2014年6月30日

ツバメ

ツバメ

ツバメ

ツバメ

<奈良県香芝市 旭ヶ丘> 2014年5月24日

ツバメ

ツバメ