スズガモ(鈴鴨、Aythya marila L.)は、カモ目カモ科ハジロ属の鳥です。
 日本では冬鳥として、ユーラシア大陸北部から渡来する。日本に渡来する海ガモ類では、最も渡来数が多い種とされる。主に潜水して採食し、アサリを始めとする貝類などを主に食べる。貝類は、貝殻ごと丸呑みにし砂嚢(砂肝)で消化する。名前の由来は、飛ぶときの羽音が金属質で鈴の音に似ていることから来ている。

<三重県伊勢市 宮川河口> 2017年3月9日

宮川の河口にスズガモの大群(約5000羽)がいました。

スズガモ

スズガモ

メス                                         オス

スズガモ

スズガモ

スズガモ

オスの幼鳥。

スズガモ

スズガモ

頭部に緑の光沢があります。

スズガモ

スズガモ

スズガモ

スズガモ