ソリハシシギ(反嘴鴫、Xenus cinereus)は、チドリ目シギ科の鳥です。
 4〜5月ごろ北へ渡る時と、8〜10月ごろ南へ渡る途中に旅鳥として渡来する。干潟を走り回り、上に曲がった嘴で干潟の生き物をすくい上げるようにしてカニなどの甲殻類を食べる。くちばしが少し上に反っていることからこの名前が付いた。

<三重県松坂市 男里川河口> 2017年9月6日

干潟にソリハシシギがペアーでいました。ソリハシシギは雌雄同色なのでオス・メスの区別がつきません。

ソリハシシギ

<三重県松坂市 五主海岸> 2017年8月30日

干潟に残された水たまりにソリハシシギがいました。            幼鳥。左はキアシシギ。

ソリハシシギ

ソリハシシギ

ソリハシシギ

<広島県福山市 松永湾> 2016年9月23日

広い干潟にソリハシシギを見つけました。

ソリハシシギ

ソリハシシギ

ソリハシシギ

ソリハシシギ

ソリハシシギ

ソリハシシギ

ソリハシシギ

<大阪府大阪市 南港野鳥園> 2016年8月20日

ソリハシシギ

ソリハシシギ