セグロカモメ (背黒鴎、Larus argentatus) は、チドリ目カモメ科の鳥です。
 北から冬鳥として主に海岸に渡来するが、河口や湖沼などでも見られる。若鳥は全身灰褐色で、くちばしが黒い。成鳥羽になるには4年かかる。

<三重県志摩市 英虞湾> 2017年3月10日

第1回冬羽                                     第2回冬羽(肩羽から雨覆にかけてグレーの部分が出ています)

セグロカモメ

セグロカモメ

第4回冬羽(嘴の赤斑が小さく黒斑が目立ちます)             成鳥

セグロカモメ

セグロカモメ

<三重県津市 香良洲海岸> 2017年3月9日

セグロカモメ

セグロカモメ

手前はミヤコドリです。

セグロカモメ

<大阪府大阪市城東区 大川> 2016年12月1日

セグロカモメ

セグロカモメ

セグロカモメ