ニシオジロビタキはオジロビタキ(尾白鶲、Ficedula parva、スズメ目ヒタキ科ヒタキ亜科)の亜種ですが、2014年発行の日本鳥学会誌63巻1号にはニシオジロビタキの観察記録が掲載され、今後、ニシオジロビタキはオジロビタキとは別種として認識される見込。ニシオジロビタキの特徴は、胸の部分がバフ色からやや橙色がかっており、くちばしは黒っぽいが根元と下嘴は肉色をしている。日本には旅鳥または冬鳥としてまれに渡来する。

<大阪府大阪市 大阪城公園> 2017年1月16日

ニシオジロビタキ

ニシオジロビタキ

ニシオジロビタキ

ニシオジロビタキ

ニシオジロビタキ

自動販売機の上に止まりました。

ニシオジロビタキ

くちばしは黒っぽいが根元は肉色(ニシオジロビタキの特徴)。風切先端に淡色班が見られるので、第1回の冬羽。

ニシオジロビタキ

ニシオジロビタキ

ニシオジロビタキ

ニシオジロビタキ

<大阪府富田林市 錦織公園> 2016年2月28日

ニシオジロビタキ

ニシオジロビタキ

ニシオジロビタキ

ニシオジロビタキ

ニシオジロビタキ

ニシオジロビタキ