ミユビシギ (三趾鷸、Calidris alba)は、チドリ目シギ科の鳥です。
 第一趾(足の後ろ向きの指)がほとんど退化して3本指になっているところから、ミユビシギという名前がついた。冬羽は尾羽は黒く全体に白っぽいが、夏羽は胸や羽は赤褐色。雌雄同色である。

<三重県津市 香良洲海岸> 2017年8月30日

冬羽への換羽がだいぶ進んでいます。手前はシロチドリ。

ミユビシギ

ミユビシギ

<三重県津市 香良洲海岸> 2017年8月8日

中央がミユビシギ、手前と向うはコアジサシ。

ミユビシギ

ミユビシギ

風上に向かって並んでいます。

ミユビシギ

夏羽から冬羽に換羽中で、背中の濃い羽が夏羽、灰色が冬羽。

ミユビシギ

<三重県津市 香良洲海岸> 2015年9月23日

9月2日の写真と比べて下さい。だいぶ冬羽に変わりました。

ミユビシギ

ミユビシギ

左側はほとんど冬羽になりました。

ミユビシギ

ミユビシギ

ミユビシギ

ミユビシギ

潮がだんだん満ちて来て、この砂州の先端付近に鳥が集まっていました。

ミユビシギ

ミユビシギが集団で砂州の左岸と右岸を往復していました。

ミユビシギ

左岸から右岸へ横断中。

ミユビシギ

ミユビシギ

右岸。

ミユビシギ

ミユビシギ

ミユビシギ

五主海岸へ行った後、再度香良洲海岸に戻って来ました。満潮になり、砂州はなくなっていました。

ミユビシギ

ミユビシギ

ミユビシギ

ミユビシギ

波が来ると一斉に逃げます。

ミユビシギ

ミユビシギ

ミユビシギ

ミユビシギ

ミユビシギ

ミユビシギ

ミユビシギ

ミユビシギ

ミユビシギ

ミユビシギ

ミユビシギ

ミユビシギ

ミユビシギ

ミユビシギ

<三重県津市 香良洲海岸> 2015年9月16日

ミユビシギ

ミユビシギ

ミユビシギ

ミユビシギ

ミユビシギ

ミユビシギ

<三重県津市香良洲町> 2015年9月2日

夏場から冬羽に変わる途中で、ムラがあります。

ミユビシギ

ミユビシギ

ミユビシギ

ミユビシギ

ミユビシギ

ミユビシギ

ミユビシギ

ミユビシギ

ミユビシギ

ミユビシギ

ミユビシギ

ミユビシギ