メボソムシクイ(目細虫喰、Phylloscopus xanthodryas)は、スズメ目ムシクイ科の鳥です。
 日本で繁殖する夏鳥で、冬季になると越冬の為、南へ渡る。オオムシクイと姿は良く似ていていますが、比較的メボソムシクイの方が尾羽や翼長が長く、黄色みが強い。メボソは、眼の上にある白線を細い眼と見てこの名が付いた。ムシクイの仲間は虫を喰うから「虫喰」という。

 ◎鳴き声:さえずり

<奈良県吉野郡 大台ケ原> 2017年5月30日

♪ さえずり (ルリビタキのさえずりも入っています。 20170530 13:01 録音/音量は中で聞いて下さい)

場所と観察日からメボソムシクイと思いますが、オオムシクイの可能性もあります。

メボソムシクイ

メボソムシクイ

<大阪府大阪市 大阪城公園> 2016年10月18日

写真を撮るには非常に難しい鳥ですが、運よく目の前の木の枝に止まってくれました。

 メボソムシクイとオオムシクイの識別は非常に困難ですが、毎日のように大阪城公園で野鳥を観察されている方が、この日に同じ場所でメボソムシクイを見られていましたので、メボソムシクイとしました。

メボソムシクイ

メボソムシクイ

メボソムシクイ

メボソムシクイ

メボソムシクイ

メボソムシクイ

メボソムシクイ

メボソムシクイ

メボソムシクイ

メボソムシクイ

メボソムシクイ

メボソムシクイ

メボソムシクイ

メボソムシクイ

メボソムシクイが虫を喰っています。

メボソムシクイ

メボソムシクイ

メボソムシクイ