キョウジョシギ(京女鷸、Arenaria interpres)は、チドリ目シギ科の鳥です。
 旅鳥として春と秋の渡りの時に多数飛来する。名前は、羽の斑もようが京都の女性の着物に似ており付けられた。

<三重県津市 香良洲海岸> 2016年9月7日

羽が茶色なのが成鳥。色がついていないのは幼鳥。

キョウジョシギ

キョウジョシギ

キョウジョシギ

キョウジョシギ

キョウジョシギ

キョウジョシギ

キョウジョシギ

キョウジョシギ

キョウジョシギ

キョウジョシギ

キョウジョシギ

キョウジョシギ

<三重県松坂市 五主海岸> 2015年9月23日

五主海岸では若者がパラセールをしており、これでは鳥は逃げてしまうかなと思いきや、運よく数羽のキョウジョシギが飛んで来ました。

キョウジョシギ

メス。夏羽から冬羽への換羽中の為、赤茶色の羽がだいぶ薄くなっています。         幼鳥

キョウジョシギ

キョウジョシギ

幼鳥                                          メス

キョウジョシギ

キョウジョシギ

キョウジョシギ

キョウジョシギ

キョウジョシギ

キョウジョシギ

下が幼鳥、上は成鳥のメス。

キョウジョシギ

メス

キョウジョシギ

キョウジョシギ

キョウジョシギ

保護色で姿を隠しています。海藻などをくちばしでひっくり返しながら、さかんに餌(甲殻類など)を捕食していました。

キョウジョシギ

幼鳥の水浴び。

キョウジョシギ

左がオス、上と右はメス。

キョウジョシギ

キョウジョシギ

オス

キョウジョシギ

マウスを写真の上に置くと、水浴びが見られます。              オス

キョウジョシギ

キョウジョシギ

オス

キョウジョシギ

メス                                          オス

キョウジョシギ

キョウジョシギ

キョウジョシギ

キョウジョシギ

キョウジョシギ

キョウジョシギ

メス

キョウジョシギ

メス

キョウジョシギ

キョウジョシギ

キョウジョシギ

メス。上は幼鳥。

キョウジョシギ

キョウジョシギ

キョウジョシギ

マウスを写真の上に置くと、見やすい位置に移動します(キョウジョシギを切り取り、別の写真と合成)。メスです。

キョウジョシギ

マウスを写真の上に置くと、水の中に入ります(キョウジョシギを切り取り、別の写真と合成)。メスです。

キョウジョシギ