コルリ(小瑠璃、Luscinia cyane)は、スズメ目ツグミ科の鳥です。
 杜の宝石と言われる美しい鳥で、日本には繁殖のため北海道、本州中部以北に飛来する夏鳥。冬季になると中国南部や東南アジアなどの温かい地域へ移動して越冬する。ササなどの下草が生い茂った落葉広葉樹林や混交林で見られることが多く、基本的には群れを作らずに単独で生活する。小さい瑠璃色の鳥から名前が付いた。

<大阪府大阪市 大阪城公園> 2017年9月19日

若鳥です。

コルリ

コルリ

コルリ

コルリ

コルリ

コルリ

コルリ

コルリ

<大阪府大阪市 大阪城公園> 2017年9月4日

幼鳥です。

コルリ

コルリ

コルリ

コルリ

<大阪府大阪市 大阪城公園> 2017年5月12日

5/1に見たコルリがまだいました。

コルリ

コルリ

コルリ

コルリ

コルリ

コルリ

<大阪府大阪市 大阪城公園> 2017年5月1日

飛騨の森のサツキの茂みの中いました。

コルリ

コルリ

コルリ

コルリ

<大阪府大阪市 大阪城公園> 2015年4月22日

コルリの映像(伊豆半島の百名山・天城山への登山の途中)をテレビで見ましたが、まさか大阪城公園で見れるとは思いませんでした。

コルリ

コルリ

コルリ

コルリ

コルリ

通常は茂みの中にいてなかなか出て来ない鳥です。

コルリ

コルリ

コルリ

コルリ

コルリ

コルリ

コルリ

コルリ