コハクチョウ(小白鳥、Cygnus columbianus)は、鳥綱カモ目カモ科ハクチョウ属の鳥です。
 コハクチョウの繁殖地は、ロシアの北極海沿岸で、越冬の為、日本に渡って来る冬鳥です。食性は草食で、池では水草を、水田では落ち穂や草の根を食べます。灰色のハクチョウは夏に生れた幼鳥で、まだ一年たっていません。

<滋賀県長浜市 早崎ビオトープ> 2017年1月7日

♪ 鳴き声 (20170107 9:29 録音/音量は中で聞いて下さい)

♪ 鳴き声 (20170107 15:30 録音/音量は中で聞いて下さい)

湖北水鳥公園への行と帰りの2回、寄りました。

コハクチョウ

コハクチョウ

コハクチョウ

右側は幼鳥。

コハクチョウ

コハクチョウ

浅瀬になっているのか、一列に並んでいました。

コハクチョウ

コハクチョウ

コハクチョウ

コハクチョウ

マガモが小さく見えます。

コハクチョウ

コハクチョウ

コハクチョウ

コハクチョウ

コハクチョウ

コハクチョウ

コハクチョウ

コハクチョウ

コハクチョウ

<滋賀県長浜市 湖北水鳥公園> 2014年11月14日

コハクチョウ

コハクチョウ

コハクチョウ

コハクチョウ

コハクチョウ

さかんに逆立ちして餌をあさっていました。

コハクチョウ

コハクチョウ

コハクチョウ

コハクチョウ