コアオアシシギ(小青足鴫、Tringa stagnatilis)は、チドリ目シギ科の鳥です。
 主にロシア南部から中央アジアにかけての地域で繁殖し、冬季はインド、東南アジア、オーストラリア等に渡り越冬する。日本には、旅鳥として春と秋の渡りの時期に本州、九州、沖縄において見られるが数は多くない。アオアシシギとよく似ているが、アオアシシギに比べて体が小さく、嘴がまっすぐなのが特徴である。

<三重県松坂市 曽原新田の池> 2017年1月26日

タゲリと一緒にコアオアシシギがいました。

コアオアシシギ

コアオアシシギ

コアオアシシギ

<大阪府大阪市 南港野鳥園> 2016年8月20日

コアオアシシギ

コアオアシシギ

コアオアシシギ

<三重県松坂市 曽原新田の池> 2015年9月23日

この池に来ていたバーダーから、コアオアシシギがいると聞き、写真を撮りました。手前の小さい方がコアオアシシギで中央はアオアシシギ。コガモも写っています。

コアオアシシギ

                                            手前がコアオアシシギ。

コアオアシシギ

コアオアシシギ

左がコアオアシシギ。                              手前がコアオアシシギ。

コアオアシシギ

コアオアシシギ

手前と中央がコアオアシシギ、左奥はアオアシシギ。

コアオアシシギ

コアオアシシギ

コアオアシシギ