コアジサシ(小鯵刺、Sterna albifrons)は、チドリ目カモメ科の鳥です。
 南から夏鳥として渡ってきて繁殖する。海岸や川などの水辺に生息し、水にダイビングして魚をとらえる。夏羽は頭は黒く、額・のど・腹が白、他の部分はうすい灰色で、嘴は黄色、脚はだいだい色。 冬羽は嘴と脚が黒くなり、額の白い部分が拡がる。繁殖地となる場所の減少にともない数が減っており、環境省により、レッドリストの危急種(VU)の指定を受けているが、カラスによる捕食も個体数減少の一因とされ、カラスの撃退に一役買うというミツバチの箱を設置するところもある。

<三重県津市 香良洲海岸> 2017年8月8日

手前が成鳥夏羽、後ろは若鳥、右端はミユビシギ。

コアジサシ

コアジサシ

コアジサシ

コアジサシ

コアジサシ

左から強い風が吹いており、みんな風上を向いています。

コアジサシ

一緒にいたミユビシギも風上を向いています。

コアジサシ

コアジサシ

コアジサシ

コアジサシ

コアジサシ

                                            右側の少し大きいのはアジサシ。

コアジサシ

コアジサシ

コアジサシ

<兵庫県西宮市 甲子園浜> 2017年5月11日

コアジサシ

コアジサシ

<奈良県奈良市法佐紀町 水上池> 2016年4月20日

水上池の上空を飛んでいたコアジサシが、桟橋に止まりました。

コアジサシ

コアジサシ

コアジサシ

コアジサシ

コアジサシ

コアジサシ