チュウシャクシギ(中杓鴫、Numenius phaeopus)は、チドリ目シギ科の鳥です。
 北の寒帯から亜寒帯にかけての地域で繁殖し、日本へは、旅鳥として春の渡りの時期に渡来する。

<三重県松坂市 五主海岸> 2015年9月23日

チュウシャクシギ

チュウシャクシギ

後ろはシロチドリ。

チュウシャクシギ

チュウシャクシギ

チュウシャクシギ

<和歌山県和歌山市 片男波海岸> 2015年5月14日

片男波の干潟では、長い嘴を泥の中に差し込んで、さかんに食事をしていました。

チュウシャクシギ

チュウシャクシギ

チュウシャクシギ

チュウシャクシギ

チュウシャクシギ

チュウシャクシギ

3枚の写真を合成しました。

チュウシャクシギ

チュウシャクシギ

チュウシャクシギ

チュウシャクシギ

チュウシャクシギ

チュウシャクシギ

チュウシャクシギ

チュウシャクシギ

チュウシャクシギ

チュウシャクシギ

チュウシャクシギ

チュウシャクシギ

チュウシャクシギ

チュウシャクシギ

チュウシャクシギ

チュウシャクシギ

                                           下記の写真にマウスを置くと、嘴の下側が赤い事が分かります。

チュウシャクシギ

チュウシャクシギ