ブッポウソウ(仏法僧、Eurystomus orientalis)とはブッポウソウ目ブッポウソウ科の鳥です。
 春に東南アジアから飛来する夏鳥。食性は動物食で大型の昆虫類等を飛翔しながら捕食する。夜間、森の中から「仏・法・僧」と聞こえる鳴き声が、この鳥の声であると勘違いして、この名が付けられた。(ブッポウソウと鳴くのはコノハズク)

 ◎鳴き声:地鳴き

<広島県世羅郡世羅町> 2017年6月20日

♪ 地鳴き (20170620 09:51 録音/音量は中で聞いて下さい)

ブッポウソウ

ブッポウソウ

ブッポウソウ

ブッポウソウ

<広島県三次市 作木町> 2017年6月17日

ブッポウソウ

ブッポウソウ

ブッポウソウ

飛び立つところを連写しました。思っていたより下の方に飛びました。

ブッポウソウ

ブッポウソウ

<広島県三次市 作木町> 2017年4月29日

時期的には、来たばかりのブッポウソウと思います。

ブッポウソウ

ブッポウソウ

ブッポウソウ

ブッポウソウ

<広島県三次市 作木町> 2016年5月7日

観察小屋に行きましたが人も鳥も見当たらず、しかたなく小雨の中を歩いていると、田んぼで農作業をしている人に出会い、「ブッポウソウ」の居場所を教えて頂きました。

ブッポウソウ

ブッポウソウ

ブッポウソウ

ブッポウソウ

ブッポウソウ

ブッポウソウ

この谷合にブッポウソウがいました。                     あちこちに巣箱が設置されていました。(保護活動)

ブッポウソウ

ブッポウソウ

ブッポウソウ

ブッポウソウ

ブッポウソウ

ブッポウソウ

三次市では、絶滅危惧種であるブッポウソウの保護活動が行われています。

ブッポウソウ